漢方薬とは
1

2
漢方とは ~患者さまの個々の状態を重視した医療です。

漢方は、もともと中国(漢)で発達し、日本に渡って独自の発展をしてきた伝統医学です。
患者さまの自覚症状を重視し、病気を身体全体の不調和ととらえ、正しくととのえるのが目的。
人が本来持っている病気と闘い、治す力(自然治癒力)を高めることに重点をおいています。
治療に使われる漢方薬は、草根木皮を中心に動物由来のもの、鉱物などの天然物(生薬)を組み合わせて作られています。
現在では、多くの医師が日常診療に漢方治療を取り入れています。
西洋医学的な診断に加え、漢方独自の診断によって、患者さん個々に合った漢方薬が処方されます。 また医学、薬学教育のカリキュラムにも取り入れられるようになっており、現代医療に欠かせない治療法となっています。
ページ最上部へ
1

1

2
漢方では、患者さまの個人差を重視した治療を行います。
病名が同じでも、体質や体型、抵抗力、自覚症状などは人によって異なり、そのちがいを「証」というものさしで判断します。
診療では、西洋医学的治療だけでなく、患者さま一人ひとりの体質や病気の状態を見きわめながら、多角的に判断して最適な漢方薬を使い分けていきます。
ページ最上部へ
1

2
ゲンノショウコ、センブリといった、昔から経験的に使われてきた概して1種類の薬草からなるものを民間薬といいます。
家庭で治せる範囲のケガや病気に使われてきたものです。
使い方にも、一定の基準がありません。
漢方薬は原則として2種類以上の生薬を、決められた分量で組み合わせて作られたものです。
漢方医学に基づいて、用いる条件も細かく定められており、日本では治療効果のある医薬品として正式に認められています。
民間薬として使われる薬の中には、ドクダミ(十薬)やハトムギ(苡仁)など、ほかの生薬と組み合わせて漢方薬を構成するものもあります。
ページ最上部へ
1

2
西洋薬は有効成分が単一で、切れ味が鋭く感染症の菌を殺したり、熱や痛みをとる、血圧を下げるなど一つの症状や病気に対して強い効果があります。
一方、漢方薬は、複数の生薬を組み合わせた薬。それぞれの生薬が、多くの有効成分を含んでいるので、1処方でもさまざまな作用を持っています。
ですから、複数の病気や症状に対する治療に有効で、慢性的な病気や全身的な病気の治療など複雑多彩な症状に効果を発揮します。
また、西洋医学では、同じ原因や症状をとり除くために同じ薬が処方されますが、漢方では、患者さんの体質やそのときの状態によって、その人に合った漢方薬が処方されます。
また、違う病気に対しても、体質や症状が似ていれば、同じ漢方薬が用いられることがあるのです。
ページ最上部へ
1

2
「漢方薬は安全で副作用がない」と思われている人が多いようですが、漢方薬も薬ですから、副作用はあります。
ただし、西洋薬と比べれば程度も軽く頻度も少ない場合がほとんどです。
「証」に合わない薬を飲めば、胃腸障害などが起きることがありますし、また、天然物のソバや牛乳にアレルギーがある人がいるのと同じように、体質によっては、服用中に異変が起こる人もいます。
主な副作用として、食欲がなくなる、熱やじんましんが出る、むくみ、動悸、不眠、血圧が上がる…などがありますが、ごくまれに間質性肺炎などの重篤な副作用もありますので、おかしいなと思ったら、すぐに医師や薬剤師に相談してください。
ページ最上部へ
1

2
漢方は、治療に対する人間のからだの反応を土台に体系化した医学といえます。
古代中国に発するこの経験医学が日本に導入されたのは5~ 6世紀頃。日本の風土・気候や日本人の体質にあわせて独自の発展を遂げ、わが国の伝統医学となりました。
17世紀頃、特に大きく発展して体系化され、現在へと継承されています。
漢方という名称の由来は、日本へ伝来した西洋医学である「蘭方」と区別するためにつけられたものであり、もちろん、中国の伝統的な医学である「中医学」とも異なります。
まさに漢方は、日本独自の医学なのです。
ページ最上部へ
1

2
エキス剤は現代の生活にぴったりの薬です。
本来の漢方薬の剤形としては、「湯剤」、「散剤」、「丸剤」、「軟膏」などの種類があります。
「湯剤」は、刻んだ生薬を煮出して成分を抽出するもので、「煎じ薬」のことです。
現在、医療用として使われている多くの薬剤は「エキス剤」です。
エキス剤は、生薬を煎じた液からエキス成分を抽出し製剤化した、いわばインスタントコーヒーのようなもの。
煎じる手間がかからない上、携帯に便利で、服用しやすく、香りもマイルド。長期保存も可能です。
生薬は天然物ですから成分が必ずしも一定ではありませんし、煎じる時の条件によって濃度も変わってきますが、エキス剤は安定した品質と一定した効果が特徴です。
ページ最上部へ
よしむら薬局 〒850-0876 長崎県長崎市賑町3-3-1F 中央公園横 TEL:095-822-5150 
薬剤師・スタッフ紹介



個人情報保護の方針



よしむら薬局ブログ



処方箋受付







1








よしむら薬局
長崎市賑町3-3-1F 中央公園横
TEL:095-822-5150
※時間外転送対応
FAX:095-824-9975
[営業時間]
平日
AM8:00~PM7:30
土曜日
AM8:00~PM6:00
[定休日]
日・祝祭日

ご来局の前に処方箋をFAXで送っていただけば待ち時間の短縮となります。
是非、かかりつけの薬局としてご来局下さい。
また、慢性病でお悩みの方には、より効果の高い漢方薬をお選びします。
ページ最上部へ